イプサム

アクセスカウンタ

zoom RSS 無駄な延命治療はいらない

<<   作成日時 : 2007/03/25 18:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

非常に難しい問題ですが、厚労省や医療従事者だけが
検討するものでは無いと思う。家族の意見を中心にすべき
であろう。そうだなあ、私なら回復の見込みも無く、1ヶ月も
延命してくれたら、それで充分だ。チューブを何本も入れられ
人工呼吸器を付けられ...そんなのは生では無い。
共同通信より以下引用
指針作りは医療従事者で
終末期医療で全日病が見解
全日本病院協会(佐々英達会長)は24日、人工呼吸器取り外しなど終末期にある患者の延命中止について「統一した見解がない現状は好ましくない。指針作りを病院団体や学会などの医療従事者が推進するべきだ」とする見解を盛り込んだ報告書をまとめた。
 指針の法制化については「医師が医療現場で判断すべき問題で、法律による拘束はなじまない」などと反対する姿勢を示した。
 終末期医療をめぐっては、厚生労働省が指針作りを進めている。医療機関が延命中止などを決定する際の手続きが中心で、会見した飯田修平・同協会常任理事は「(個々の患者の病状に応じてどうすべきかなど)具体的な中身に踏み込んでいない」と批判した。
 同協会は民間病院を中心に、全国の病院の約4分の1にあたる約2200病院が加入している。
★こういうのは、もっと国民の声が高まる必要があると思う。
 あなたが、そういう状態になったらどうして欲しいか?
 家族への負担など、じっくりと考えてどの程度の治療を
 して欲しいか?
 国や病院だけにお任せしてはいけない。
      ↓
画像人気blogランキングへ
      ↑
世論の関心が高まる事を望む
無駄な(あくまでも無駄な場合だが)延命治療に
莫大な医療費を使われるのは冷たいようですが
不必要な事です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
 報道されている診療報酬の不正請求事件を見ると、医者や医療機関の心が腐っていることがよくわかる。健康保険の詐取は国民を食い物にする反社会的な犯罪である。厳罰を以って臨むべきだろう。
 延命医療は、まさに医者が国民を食い物にしている典型事例である。人間は死んで当たり前。限りある時間を有意義に使いたいものだ。
 
大室☆寅之助。
2007/03/25 19:24
 報道されている診療報酬の不正請求事件を見ると、医者や医療機関の心が腐っていることがよくわかる。健康保険の詐取は国民を食い物にする反社会的な犯罪である。厳罰を以って臨むべきだろう。
 延命医療は、まさに医者が国民を食い物にしている典型事例である。人間は死んで当たり前。限りある時間を有意義に使いたいものだ。
大室☆寅之助。
2007/03/25 19:27
大室☆寅之助。様へ
一部の医者の不正で
医療従事者すべてがそうだと
思うのは間違い。
イプサム
2007/03/25 21:15
 たびたびこの問題はテレビでも取り上げられますが、自分にとってかけがいの無い愛する人がそういう状態になったら、決断は難しいですね。
 『1分でも1秒でも多く生きて欲しい、奇跡があるかもしれない・・・』
 でも、自分がそういう状態になったら、無駄な延命治療はやめて欲しいと思う。
ひょっとこハム太郎
2007/03/25 21:46
ひょっとこハム太郎様へ
本当に難しいです。
国や医療関係者だけの意見では
ダメだと思います。
イプサム
2007/03/25 22:54
 私の母親は病弱で、癌、高血圧、心臓病の他にも様々な病気を経験し、40代全般に複数の医者から「貴方はあと10年も生きられない」と宣言されて「悔しい」と云っておりました、処が、そう言った医者が次々と亡くなり、60才を迎えた時「私、還暦になっちゃった、嘘みたいね」と笑ってました。

 ナニが云いたいのかと云いますと、言い古されたことではありますが「人間の寿命なんか判らない」と言うことです、延命治療をしようが、高度な先端医療を施そうが、生きる気力が失せた人は死にます、反対に死にたくても死ねない人だって居ます、人の生き死にには、自分ではどうにも成らない部分が有ることだけはハッキリしています。

 問題は、本人が生きたい人、亦は、生きていて欲しいと周りから願われる人に、生き抜くチャンスを与える事が出来るかが、神様が医学に与えた分野なのだと思います。
ナポレオン・ソロ
2007/03/27 13:58
 彼女は70才を前にして腎臓病が悪化、水が20リットルも溜まって危篤状態になって、50キロも離れた病院で手術を受けると言う離れ業を70才でヤッテ後、人工透析が始まった為、入院したっきりになってしまいました、それから3年、彼女の不満は、同じ景色しか見えない処に居る事を強制されている事と食い物に制限があることで、「これじゃカゴの鳥だ、生きていても面白くない」と零していました、それから、3ヶ月後、本当に死んでしまいました、やはり、生きるには、日常にささやかでも良いから希望が必要なんだと心底思いました。
ナポレオン・ソロ
2007/03/27 13:59
ナポレオン・ソロ様へ
「問題は、本人が生きたい人
 、亦は、生きていて欲しい
 と周りから願われる人に、
 生き抜くチャンスを与える
 事が出来るかが、神様が
 医学に与えた分野なのだ
 と思います。」...
感銘しました。
イプサム
2007/03/28 20:51
tRpssoWd <a href="http://christianlouboutinuksale.info/">louboutin uk</a> kUmeyfTl <a href="http://christianlouboutinuksale.info/">christian louboutins</a> lZqrlwKh http://christianlouboutinuksale.info/
Inpusassupeta
URL
2012/07/29 11:09
gDlazhSj <a href="http://louisvuittonoutletuk.info/">louis vuitton</a> nUxqebYf <a href="http://louisvuittonoutletuk.info/">louis vuitton sale</a> cDwhcnKr http://louisvuittonoutletuk.info/
Inpusassupeta
URL
2012/07/31 06:29

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
無駄な延命治療はいらない イプサム/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる