イプサム

アクセスカウンタ

zoom RSS 朝鮮学校生徒に対する暴行

<<   作成日時 : 2006/11/17 21:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 8

ニュースであまり見ないのだが、実際にあるのなら
恥ずべき事だと思うし、受けた方は堂々と訴えれば良いと思う。
http://www1.korea-np.co.jp/sinboj/j-2006/02/0602j1117-00001.htm
総聯施設に対する固定資産税減兔措置の取り消しは当然
でしょう。
「過去の植民地支配によって日本に住まなければならなかった?」
親に真実を問いただせ!知っているはずだ。
これ以上の権益を求めるな。
社民党、民主党所属の国会議員らが行動に支持を表明し、
激励したというのも困ったもんです。北への制裁は国会において
全会一致で可決したはずではなかったのか?

北の核実験を正当化し、日本政府の行動を非難するなら
ますます孤立しても仕方がないでしょう。
いつでも祖国へお帰りなさい。
ついでに、支持している活動家や日本の国会議員も
連れてってね!

キャンペーンするなら勝手にヤッテロ
総聯の解体が早まるだけだと思ったら
   ↓
画像人気blogランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「朝鮮学校生徒に対する暴行」について
「朝鮮学校生徒に対する暴行」について これには困ったもんだ。子供達には罪がない。これは直ちに止めるべきだ。しかしこの原因は総連側にもある。 ...続きを見る
小山内翔龍のつれづれ俳日記帳
2006/11/18 13:09

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
自作自演なので訴えられないのでは・・・。
支持している活動家や国会議員はぜひとも
一緒に連れて行ってもらいたいです。
ノークレーム、ノーリターンで。
マッキー
2006/11/17 23:52
飛行機で帰国して永住すれば簡単なんですけどね。デモをするというところを見ると、やっぱりいじめなんて自演でしょう。
これから寒くなるのに困っていると北の圧力です。まともな経済や市場がなくても頑張って働かなくても国や軍や民衆が生き述べてきた、それだけ日本の存在はやっぱり魅力なんですよ。
日本の批判はしても北朝鮮、将軍様の批判をする者はひとりもいない、カルトとよく似てます。
ノック
2006/11/18 00:40
マッキー様へ
幼い生徒への暴行というのが
事実なら、訴えるべきだし
加害者は、当然裁きを
受けなければなりませんね。
(事実ならですが)
支持する国会議員は
日本にはいりません。

ノック様へ
北の核を批判せず
日本に居座るのは
誰が考えてもおかしいと
思います。
イプサム
2006/11/18 00:56
戦後60年もたっていますし、もうそろそろ被害者意識は、やめて当然だと思います。
長田ドーム
2006/11/18 09:32
失礼いたします。
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

シナの大学が日本国民の税金で博打を打ってます!

中国・王毅大使が謝罪 日本財団奨学金、蘭州大が投資で消失「100万ドル全額を原状回復」
(http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/world/china/28118/)

抗議しましょう!

>>日本財団会長 笹川陽平ブログ
「王毅 中国大使からの書簡」
(http://blog.canpan.info/sasakawa/archive/644)
(コメント、TB可)

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

2006/11/18 12:16
長田ドーム様へ
日本で生きていくのなら
北を批判して欲しいですね。

蓮様へ
アドレス先が開きませんが
情報はわかりました。
ありがとうございます。
イプサム
2006/11/18 23:53
 家族に会いましょうね。
 ならば。
拉致被害者の皆様も家族に自由に会えるのですね?
 朝鮮学校生徒への嫌がらせですか?
 ならば。
 北にいる、日本人は嫌がらせされずに、人権を確保されていますか?
 答えてくれ。
ひょっとこハム太郎
2006/11/19 22:02
ひょっとこハム太郎様へ
総連野解体は、必ず
しなければならないと
思います。
イプサム
2006/11/20 18:52

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
朝鮮学校生徒に対する暴行 イプサム/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる