イプサム

アクセスカウンタ

zoom RSS 中国に擦り寄る小沢

<<   作成日時 : 2006/07/04 22:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

落ちる所まで落ちたちゃったみたい。
中共と定期的に話し合ってどうするつもりなんだろう?
共同通信より以下引用
民主党と定期協議機関 胡主席と小沢氏が合意
 【北京4日共同】民主党の小沢一郎代表は4日夕、中国の胡錦濤国家主席と北京の人民大会堂で会談し、冷え込んだ日中関係の改善に向けて、民主党と中国共産党の間で定期的な協議機関を設置することで合意した。胡主席は小泉純一郎首相の靖国神社参拝で首脳相互訪問が途絶えていることを踏まえ「両国の問題解決のために各レベルでの交流を拡大したい」と述べた。民主党との関係強化に踏み出すことで首相や「ポスト小泉」をけん制する狙いがあるとみられる。
★その狙いに、まんまとはめられたのですね。

 会談では双方とも靖国、歴史認識問題など個別テーマについて言及しなかった。小沢氏は会談後の記者会見で「政府代表として個別問題を協議するために来たわけでない」と説明した。
★当たり前です、永遠の野党なんですから。
 それにしても、中国要人に対し政治体制に言及する政治家 
 は、日本には出てこないのかな?恥ずかしいものです。

 自国に利する政治家、メディアしか相手にしない中国の
 おさそいにホイホイのってもだめだよ
以下引用
外国メディアも処罰対象 中国の報道規制新法
 【香港4日共同】暴動や災害、感染症などの緊急事態時の報道規制に向け、中国が制定を目指している「突発事件対応法」は、香港や外国のメディアも処罰の対象にする意向だと国務院(政府)法制弁公室の汪永清副主任が3日、明らかにした。4日付香港英字紙サウスチャイナ・モーニング・ポストが伝えた。
 外国メディアは現在もビザ規制や当局の監視などさまざまな取材規制を受けているが、当局の統制がさらに強まるのは必至。各国メディアの反発が高まりそうだ。
★中国の暴動は、我々が知りうるその数倍、数十倍はある 
 にちがいありません。かなり、やばそうです。
 北京オリンピック大丈夫なんでしょうか?
 なんとか開催されても、中共の政権はあと数年と判断
 してよろしいのではないかなぁ

 中共崩壊後の為に、小沢氏が動いているわけでも
 ないだろうし...
 まさか、心臓移植でも頼んでいるのだろうか?
       ↓
人気blogランキングへ



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
0.001%位は、
中共政権に苦言を呈する
かなと思ったんだけどね
イプサム
2006/07/05 00:29
何かでオリンピック開催二年前くらいまでなら開催地の再検討も有りうるって聞いた気がしたけど・・・もう遅いか、
この一年くらい中国でもう一度派手な暴動が起きることを期待してたんだけど
蒼い木魚
2006/07/05 13:46
蒼い木魚様へ
いずれにしろ
オリンピック後が
危ないでしょう。
イプサム
2006/07/05 19:47

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
中国に擦り寄る小沢 イプサム/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる