イプサム

アクセスカウンタ

zoom RSS 私には見える

<<   作成日時 : 2005/08/21 00:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

なぜ、小泉氏がここまでこだわっているか?
子供の時に、ポストに手をつっこんで
抜けなくなったんだな。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
私等は仲間内で、小泉があれ程執着するのは、彼が始めて郵政大臣になった時に官僚達が無視したのを根に持つからだと信じています。
自分が非論理的で頭が悪くて相手にされず、大臣室に役人が誰も来なかったのを逆恨みしたのです。この執念深さだけしか無い男は、今回は郵政官僚への敵討ちを邪魔した同僚議員に逆恨みして公認を与えなかった。
つまり、子供の時にポストに手を突っ込んだのは間違いで、大人になって(実は何時までも子供だけど)手を突っ込んだ、と言うわけ。
陸軍機密費
2005/08/21 04:34
そうだったんですか。
宮澤内閣の時のことですね。
確かに執念深さは並ではない。
イプサム
2005/08/21 23:03
確かに、自分を攻撃する者に対する敵対意識は凄まじい。
二回目の訪朝の後、拉致家族から批判を受けた時の恨みに思って
いるらしく、制裁どころか国交正常化しか言わない。
拉致家族の心の拠りどころだった中山恭子さんをとりあげ、
事実上、放置している。
拉致問題解決の最大の抵抗勢力は小泉純一郎である。
MH
2005/08/31 12:24
この方は、刺客に指名されたが
断ったんですかね。
恨みつらみで、行き当たりばったり
の政治をやられてはたまりません。
イプサム
2005/08/31 21:22

コメントする help

ニックネーム
本 文
私には見える イプサム/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる