テーマ:医療

しつこいようですが

薬害肝炎の救済は、きっちりして貰わなくてはイカンと思うが 刺青や麻薬の注射器による感染まで支援するのかな? そんなのは、放置すべきだと思う。 それと米価が下がっているようだが、日本人の主食だからね。 ある程度は、国がささえるのが当然だと思う。 それと大阪の学校でのテストが悪かったそうだが、教師の数の 問題ではないだろう。やっ…
トラックバック:3
コメント:2

続きを読むread more

高齢者医療

小泉竹中政策の弱者切捨て路線、やや修正という所かな? 読売新聞より以下引用 75歳以上の保険料、半年免除などで自公最終調整へ 自民、公明両党は22日、高齢者医療費の負担増凍結の具体策で、来年4月から新たに保険料を支払うことになる75歳以上の後期高齢者の保険料徴収について〈1〉半年間、保険料を免除する〈2〉残り半年は保険料額を7割削…
トラックバック:6
コメント:500

続きを読むread more

C型肝炎の治療公費助成について

ウイルス性肝炎の救済策について政府が検討しているようだが 刺青や麻薬をうつ時の注射器の使いまわしによる感染も 公費助成するつもりなんだろうか? 仮に、100万人の感染者で自己負担額を100万とし、国が 全額助成するとなると、1兆円になるのだが... さらに、進行してガンになった場合まで面倒見るとなると 数倍に膨れ上がる可能性…
トラックバック:2
コメント:11

続きを読むread more

無駄な延命治療はいらない

非常に難しい問題ですが、厚労省や医療従事者だけが 検討するものでは無いと思う。家族の意見を中心にすべき であろう。そうだなあ、私なら回復の見込みも無く、1ヶ月も 延命してくれたら、それで充分だ。チューブを何本も入れられ 人工呼吸器を付けられ...そんなのは生では無い。 共同通信より以下引用 指針作りは医療従事者で 終末期医…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

バスケットボールの女の子

いい話です。 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070318-00000002-rcdc-cn 家族は当初桶やタイヤなどを使った。その後彼女の祖父がバスケットボールを彼女のお尻の下につけることを考案し、彼女は両手に握った棒で体を支えて移動するようになった。 ★このおじいさんを尊敬します。 h…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

リハビリ日数制限から1年 治療求めさまよう患者

政府は何を考えて、こういう政策をとったのでしょう? リハビリが出来なくては、寝たきりになります。 河北新報より以下引用 身体機能を回復させるリハビリテーション医療の現場が大きく揺らいでいる。医療制度改革の一環として、厚生労働省が昨年4月、保険診療で受けられるリハビリに日数制限を導入した。ところが、日数制限後、リハビリ継続が必要な患…
トラックバック:5
コメント:38

続きを読むread more

医療崩壊

2大都市でも医師不足か、このままではイカン http://www.mainichi-msn.co.jp/science/medical/news/20070123k0000m040130000c.html 特に産科・産婦人科の休止・縮小と言うのは、問題だな。 新医師臨床研修制度の実施の時点で、わかっていたはず なんだが 給与水…
トラックバック:1
コメント:10

続きを読むread more

アメリカVS中国(医療の面だよ)

一党独裁政権と言うのも、人民は虐げられますが 行き過ぎた資本主義社会も問題ですね。 高齢化社会になっても、日本はこうなって欲しくないです。 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/29451 1日入院で1276ドル(約15万円)って高いですね。 医療費にも問題があると思います。 htt…
トラックバック:2
コメント:500

続きを読むread more

韓国初のノーベル化学賞

うっとうしい北の話は、中国様に暫くお任せしておいて (要人が訪中している間は、実験はしないだろう。  誰かがずーっと滞在してたらいいんだけど) いよいよ韓国がノーベル化学賞を受賞する時がやって参り ました。 聨合ニュースより以下引用 がん細胞だけを破壊する新治療法、国内で開発 【ソウル18日聯合】国内研究チームが、ウイ…
トラックバック:3
コメント:9

続きを読むread more

世話のかかる老人は早く死んで下さい

ようするにそういう事でしょう。在宅有利な診療報酬へ誘導 しておいて、地域の開業医が努力した頃には、報酬も下げ られると思います。だいたい今までがそうだったと思います。 地域の開業医に看護師が充足するとも思えない。 かなり難しいのではないでしょうか? 読売より以下引用 75歳以上の高齢者医療、在宅重視の診療報酬確立へ  社…
トラックバック:7
コメント:10

続きを読むread more

食べる事も息する事も出来ない生

治る見込みの無い行き過ぎた延命治療は、いらないと思う。 毎日より以下引用 終末期医療:延命治療中止で法的整備必要 厚労省報告書  終末期医療のあり方について検討している厚生労働省の研究班(主任研究者、林謙治・国立保健医療科学院次長)は、延命治療中止について、法的整備が必要とする林次長の見解を盛り込んだ報告書をまとめた。  富山県…
トラックバック:1
コメント:9

続きを読むread more