総選挙は慌てなくて良い

1、私のやる気が起こらない。 2、国民が選んだ総理では無い?   そういう制度ではないのだからね   だいたい野党に選挙で選ばれた党首がいるのかい 3、しばらく今後の政策・方針を見極めてから、この内閣を   国民が審判すれば良いのではないだろうか? 4、マスコミの風当たりが強いのは(ずいぶん前に、体調を   理由に引退した…
トラックバック:2
コメント:12

続きを読むread more

最近思うのだが、

禁煙がブームだね 確かに害があると思うが、外国系の製薬会社が 儲けようと企んでいるのではないかなと... あのミラーマンが(あの拘留期間は、確かに長いと 思うのだが...) 自民よりのメディアを批判しているが、自民が 民主の代表選を批判するのも、インド洋給油活動 継続を主張するのも、民主の「何でも反対」を批判するのも、…
トラックバック:20
コメント:11

続きを読むread more

小沢氏の戦略

もし12区で出馬すれば、勝つだろう。しかし、学会は 必死で選挙活動をし、総選挙では自民が勝利する。 小沢氏は責任を取り党首を辞任、いずれ党から出て 新党を結成、与党と連携するだろう。 信念の無い政治家なんてそんなもの ハトちゃんカンちゃんさようなら~    ↓ 人気blogランキングへ
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

ほれほれ

民主党は、矢野元委員長の喚問を取り下げる ような事言っている。 まあ、期待してなかったけどね! それはそうと、北が崩壊した時に 民主党中心の政権(公明絡む)で難民救済法が 成立すればどうなるのかなぁ~ それでは、もう1回 辛光洙(シン グァンス)らの 犯釈放の要望書に 署名した国会議員 http://ipusa…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

いやはや

民主党は、本気で創価学会を攻撃続けるのだろうか? ヘタレだから、 出来ないだろう。 もし矢野氏の証人喚問まで出来たら、私は1週間ブログを休んでやろう。 山本一太氏の総裁選立候補には、驚いた。立派だ。 韓国経済がいよいよ危ないようだが、谷垣ちゃん! どう責任を取ってくれるのよ http://ipusamu.at.we…
トラックバック:4
コメント:500

続きを読むread more

生活保護

「リバースモーゲージ」 どうも、機能していないようですね。 所有している不動産の評価額2000万程度までなら、 生活保護を受給できるようだが、わずか数%しか活用されて いないそうです。受給者が死亡後、財産を処分され 遺族が新たな生活困窮者になるとかで、抵抗がある そうです。 甘いのではないでしょうか? 評価額2000万の…
トラックバック:7
コメント:3

続きを読むread more

最近気になった事

よど号のハイジャック犯が帰って来るのか? 別に帰って来なくていいのだけど... いずれ手記とか書いて調子に乗るのだろう。屑なんだかから 一生屑のままでいてね。 それにしても、斎木アジア大洋州局長のハンサムで誠実 そうな顔に比べて、宋日昊(ソン・イルホ)は気にイラン。 アメリカの原発建設を日本が手伝うとか、メタンハイドレー…
トラックバック:5
コメント:9

続きを読むread more

なんだかな~

古賀氏が自民の選対委員長でいるかぎり、選挙で負け 続けるだろう。 コキントウ氏と「庶民の王者」池田大作氏の会談内容は、 庶民には公開されないだろう。 今日気付いたのだが、私のPCのキーボードはNEC製 なのだがMADE IN CHINAだった...だめだこりゃ 喉が痛いなぁ~ 黄砂の情報なんて聞いてないのだが... …
トラックバック:5
コメント:4

続きを読むread more

1、小沢氏の先祖は、済州島出身なのか? 2、河野洋平氏の肝臓の一部は、本当に息子からのものなのか?   (信州大学って中国の大学との交流が盛んだ    小沢氏の心臓も中国産だったりして) 3、格差の拡大や老人医療費切捨ては、小泉竹中政権の   残したもの? 4、伊達は、復帰Vを果たすのか? 5、議席を減らすのが確実な解散な…
トラックバック:1
コメント:3

続きを読むread more

聖火リレー

長野市で26日に行われる北京五輪の聖火リレーは どうなるのだろう? 抗議は良いと思うが、シナ人とバトルになるような事 だけは、避けるべきだと思う。      ↓ 人気blogランキングへ
トラックバック:7
コメント:5

続きを読むread more

日本

経済は一流、政治は二流とか言われていましたが 経済は二流、政治は四流になってしまった... マスコミが悪いのか、国民に責任があるのか 困ったもんだ。    ↓ 人気blogランキングへ
トラックバック:9
コメント:5

続きを読むread more