こそこそするなよ古賀

さすが産経抄です、よくぞ書いてくれました。
インターネットの掲示板も対象とされるのか?余程頭に
きているのでしょうね。当然ブログなども監視されるのだろう。
危険極まりない法案です。
内容を口外させないところが、ますます怪しい。国家が
規制するのは明らかに問題である。産経以外のメディアは
だんまりなのかな?どうもこの法案については、あまり
ニュースに流れない。国籍条項を入れたとしてもだな、
特定の団体の人間が委員会に入り込んだら終わりです。
何しろ推しているのが古賀と公明党なんだから、くどくど
説明する必要もないでしょう。
個人的には、加藤元幹事長の実家放火事件とは、少し
意味合いが違うと思うのだが...
ともかく産経さんがんばって下さい。
以下引用
何をコソコソ隠す必要があるのだろう。自民党と公明党の議員でつくる「与党人権問題懇話会」のメンバーがおととい、議員会館の一室に集まり、人権擁護法案の国会提出へ向けた動きを再開した。だが取材記者によると、会合が終わって出てきた座長の古賀誠自民党元幹事長は、だんまりを決め込んだという。
 ▼出席議員の一人は「内容は口外するなと言われた」と語る。会議では法務省のお役人が、かつて廃案となった法案の修正案を示しただけでなく、インターネットの掲示板で「人権侵害」があった場合も、新法で対処できるのかといった議論もあったそうだ。そのほか、表に出せない発言もあったのでは、と勘繰りたくもなる。

 ▼人権擁護法案は、一口に言ってしまえば、人権問題を扱う人権委員会という国家機関を新設する法案だ。この委員会の権限は強大で、人権侵害の救済や調査を目的に「加害者」の出頭要請や捜索が容易にできる。

 ▼いじめや差別、児童虐待は深刻な社会問題である。他人や自分の人権を大事にするのは当たり前の話であり、家庭や学校、会社で折に触れて啓発すべきだろう。だからといって、強制力をもった法律をつくってお上が規制するのは筋違いだ。

 ▼最も問題なのは人権侵害の定義があいまいで、拡大解釈の余地が大いにあることだ。きれいな花には毒がある。小手先で修正してみても毒は消えない。法案が成立すれば誰も逆らえない「人権」を錦の御旗に、うるさいメディアを黙らせようとするある種の人たちが跋扈(ばっこ)することになりはしないか。

 ▼加藤紘一自民党元幹事長の実家が放火された事件と同様に、人権擁護法案を成立させようという動きは「言論の自由」への挑戦だと言わざるを得ない。

★政治についてはいろいろな意見があると思いますが
 (当然の事です)
 しかしこの法案については、多くの方が反対の声を
 上げるだろうと思ったら
    ↓
画像

   

"こそこそするなよ古賀" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント