竹中はん

昔々あるところに、竹中はんと言うそれはそれはえらい
学者さんがおったそうな。彼は郵政民営化を旗印にし、
米国こそ理想の社会と幻想を抱き、某国の重要閣僚になり
構造改革の名の元に、弱者切捨ての政策を進めていった。
その結果国民の所得は下がり、当然内需は拡大せず、
世界経済が堅調な中、日本の株だけが落ち込み(今週に
若干戻すんだろうが)格差社会がますます酷くなった。

本当に必要な福祉や医療費は削ってはイカンと思う。
生保の不正受給や、90を超えてから意識もなく食べる事も
出来なくなった人間に、無理やり栄養チューブをつなぐのは
不必要だが...

優秀な経済学者ならサブプライム問題を予想しろよと
思ったら
   ↓
画像
人気blogランキングへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年01月07日 22:20
でもそれを支持したのは当時の国民。小泉内閣の支持率は90%ぐらいあった。何を今更。
イプサム
2008年01月09日 00:33
rinaちゃん
お久しぶりですね。
お元気ですか?
2008年01月09日 21:44
あけましておめでとうございます。
私は元気ですけど、父(72歳)が脳炎になって寝たきりになってしまいました。「お父さん」って呼んでも反応しません。先生が「お名前は?」って聞いても答えられません。意識はあるようなのですが、言葉が出てこないようです。
イプサム
2008年01月10日 18:40
脳炎といっても、色々
あると思うのですが...
御回復をお祈りしてます。
ひょっとこハム太郎
2008年01月13日 23:08
 いまや日本の株価を支えているのは“外国人投資家”だそうな。
 その外国人投資家が“改革に後ろ向きな日本政府”を買わないのは当然だという意見もあります。
 でも。小松正夫さんではないですが。
 『なが~い目で見てください』
 日本の労働者が低賃金・低条件で世界一良質な労働力を提供しているのですから、もう少し労働条件や賃金をアップさせればさらに労働の質が向上し、生産性も上がるでしょう。
 そうしたら投資効果も上がる。
 それに日本人もマジメ過ぎるからなあ。
 いっぺん、豊かな生活を求めて、日本人全員が1年くらいストライキしてやればいいのでは。
 本当に困るのは日本人ではなくて、“外人”なんですよ。
 えへへ。1年休みあったら、何しようかなぁ。楽しみだ。
 国内旅行いいなぁ。温泉いこ。
 
2011年03月28日 04:14
Your thoughts are very nice

この記事へのトラックバック

  • 「竹中はん」について

    Excerpt: 「竹中はん」について 真の構造改革とは今の国家の財政状況を建て直す必要がある。それには現状を打破するにはまず政治改革、行政改革、抜本的地方自冶の改革などの断行が必要と考えます。 Weblog: 小山内翔龍のつれづれ俳日記帳 racked: 2008-01-08 08:29