イプサム

アクセスカウンタ

zoom RSS アメリカやフランスの真似をしてどないすんねん

<<   作成日時 : 2007/05/09 21:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 6

産経抄にしては、よくワカラン記事だな。
米国型の競争社会が理想の市場経済主義とでも判断している
のだろうか?日本はどこの国を見習う必要もないし、独自の
理想国家を創っていけば良い。
以下引用
 大盛況だったと伝えられる、3月のパリ・オペラ座の歌舞伎公演をこの人が見ていたら、どんな感想が聞けただろう。フランス第五共和制6代目の大統領に選出されたニコラ・サルコジ氏(52)といえば、どうしても3年前の大相撲をめぐる発言を思いだしてしまう。
 ▼「肥満者の戦闘は、知的スポーツではない」。2005年10月にパリを炎上させた暴動犯に対する「人間のクズ」発言も強烈だった。「国家元首」の品格とは一見無縁のような人物が、どうして大統領選で圧勝できたのか。
 ▼有権者の多くが、サルコジ氏のあくの強さを、改革に欠かせない「勇気」ととらえた。これが小紙の山口昌子パリ支局長の見立てである。「勇気」の源は、その出自にあるようだ。
 ▼ハンガリーからの亡命貴族とユダヤ移民の母親との間に生まれ、他の有力政治家のように、ENA(国立行政学院)出身のエリートではない。民族、宗教、出身国にかかわらず、「自由・平等・博愛」の原則が適用されるのがこの国の建前とはいえ、実際には差別がないはずがない。
 ▼そのなかでのし上がってきた「勝ち組」の代表選手が、信念として米国型の競争社会の実現を訴えるから説得力がある。メディア利用にたけ、高福祉社会を守ろうとする“抵抗勢力”から、「強権政治家」と決めつけられても動じない姿は、小泉純一郎前首相を彷彿(ほうふつ)とさせる。
 ▼そういえば、小泉政権が格差を広げ、日本をダメにしたと主張する識者は声をそろえて、米国型資本主義と決別して、欧州に倣えという。米国は世界で孤立しているとも。その欧州の大国が、英独に続いて市場経済主義の政治へと舵(かじ)を切った。対米外交も変わるだろう。この事態をどう説明してくれるのか。

★歌舞伎や大相撲など理解出来ない人は放って置けばよい。
 だいたい日本は、高福祉社会では無かった。一部の者に
 甘い、歪んだ社会だったのだ。本当に困っている人や
 貧しい老人には、一定の福祉政策をこれからも取る必要が
 ある。
 すべての国がアメリカのようになれるはずがない。
 産経抄に問う
 トヨタはなぜ、世界一になったのか?
 この事態をどう説明してくれるのか?

日本がお手本とする国なんてのは、世界の
どこにもないのだよ
    ↓
画像人気blogランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
朝日、PAC3の風圧で窓ガラスが割れるからと、展開予定地を晒す
 朝日新聞が、自衛隊のPAC3の展開予定地で、北朝鮮からのミサイルを迎撃すると、高層ビルの窓ガラスが割れるからと、展開予定地を記事にのせていました。こうした事項は完全に機密であり、防衛にとっていい影響は全くないはずなのですが…。 ...続きを見る
ネトウヨのブログ
2007/05/10 00:18
Consolidation debt free quote.
Debt consolidation free online quote. Free debt consolidation quote. ...続きを見る
Free debt consolidat...
2009/02/24 09:02

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
『肥満者の戦闘・・・』ね。
 フランス人はどちらかと言うと日本びいきかと思ったが、アメリカキチガイ文化に洗脳されたオヤジやね。
 サルコジおやじ!『赤ひげ』でも見て勉強せい。
 
ひょっとこハム太郎
2007/05/09 21:36
 大相撲を観て、肥満者の戦闘にしか見えないのでは、彼が、格闘技全般に興味も知識もないからだと思うしかないですね、あ、ボクシングみたいな打撃系は別かもしれん、でも多分、プロレスもK−1も柔道も判らないと思う。

 それより、一国の印象を相撲と言う一断面ダケで決め付けている様な発言をしたこの人は、実はそれが本音で、日本がかなり嫌いなのではないか。

 嫌われている日本としては、どの途、放って措くしかないワケですが、壇上に駆け上がった新進気鋭の大統領の示す姿勢としては、如何なモノだろうか、日本の協力が必要な場合ドウするつもりかな、政治家は、「好かれる」努力はするべきだが、自分から「嫌われる」真似や発言はするべきではないと思う、ソウでなくとも、嫌われる奴には殺されるほど憎まれる事もあるからだ、それは、立場上、自国の利益は、例え、個人的には利己的な狡いと感じる立場に置いても保護しなくては成らないからだ、故に、余計な敵は造るべきではない。
ナポレオン・ソロ
2007/05/09 22:54
サルコジの相撲発言はシラクを意識したものと言われています。シラクのお陰でフランスで相撲中継が見れます。

彼は実利を取る人と思われるので、自国の利益になるなら反日にも反米にも限定的になると思います。
然し、トルコに対しては選挙中からEU加盟は認めないと断言してました。見守りたいと思います。
francophile
2007/05/09 23:31
ひょっとこハム太郎様へ
相撲の件は、親日派の
シラクに対する対抗意識から
出たのでしょうか?
まあ3年も前の話ですから

ナポレオン・ソロ様へ
大統領になったから
変わるのでは?
計算高い、根は気の弱い
人間と見た。

イプサム
2007/05/09 23:54
francophile様へ
かぶっちゃいました。
同意します。
イプサム
2007/05/09 23:56
さらに日本文化の独自性を強調するために、全東京都民に全裸通勤を義務化しよう。さあ、脱げ!!もちろんこれは知的スポーツではない。通勤手段である。
大室☆寅之助。
2007/05/10 20:07

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
アメリカやフランスの真似をしてどないすんねん イプサム/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる