イプサム

アクセスカウンタ

zoom RSS 政治献金が企業の社会的責任?

<<   作成日時 : 2006/12/18 23:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 3

又、経団連かぁ〜、うるさいやつらです。
産経iZaより以下引用
【夕刊キャスター】銀行の政治献金再開 余力生かすなら
サービスを

三菱東京UFJ銀行とみずほフィナンシャルグループが、政治献金を再開する見通しとなった。三菱東京UFJは今月末の取締役会で正式に決定し、「年内開始」を目指す予定だ。
 国から公的資金の注入を受けた銀行界は平成10年以降、足並みをそろえて政治献金を自粛している。しかし、景気回復の追い風を受けて、予定より早く公的資金を完済したことが再開の理由のようだ。
 日本経団連の要請もあり、1行あたり3000万円を軸に検討しているという。17年のトヨタ自動車の献金額(6440万円)に比べれば少ないものの、三菱重工業(3000万円)などと同様の規模になる。
 経団連では政治献金を「企業の社会的責任の一端」と位置付けている。このため、全国銀行協会会長行の三菱東京UFJが先陣を切る格好になった公算が大きい。
 ただ、公的資金を完済したからといって、銀行界が「一人前」の企業に戻ったとみるのは、早計ではないか。
 大手銀行の好業績の背景には、税務上の繰越欠損金があることを理由に法人税を免除される恩恵を受けた影響も大きい。経営上の余力を生かすならば、預金金利の引き上げや振込手数料の引き下げなど、預金者向けのサービスを優先すべきだろう。
 そうした中、三井住友銀行は今年中の政治献金の再開決定を見送るという。利用者の反発を招く可能性があるため、再開を急がないことにしたもようだ。利益還元の拡大と社会的責任のバランスをどうとるか。銀行には「横並び」を排除した判断を示してほしい。(経済部次長・関根秀行)
★最近の経団連の動きは活発で政治に関与しすぎだと
 思うのだが、これは関根さんが言う通り、「預金金利の引き上
 げや振込手数料の引き下げなど、預金者向けのサービスを
 優先すべき」が当然でしょう。
 見返りを求めない政治献金などあるはずがありません。
 このへんのところも、企業減税、消費税増税に
 つながっていくのでしょうね。

 庶民の懐は、寒くなるばかりです。
   ↓
画像人気blogランキングへ
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
政治献金、大手銀の再開に批判噴出
怒るのがあたりまえじゃないですか。何を考えているのか???? ...続きを見る
簡単に読める今日の出来事!!
2006/12/19 11:43
政府税調会長人事の疑問
先日、官舎に愛人と同棲している旨お伝えした、政府税制調査会会長の本間正明氏。 【参照→ 搾取税制推進の中、愛人を官舎に囲う】 一昨日より大々的にマスコミでも取り上げられるようになったのですが、マスコミの報道に& ...続きを見る
日出処の民
2006/12/19 16:59

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
持ちつ持たれつということでしょうね。
サンクチュアリ
2006/12/19 01:26
サンクチュアリ様へ
金で政策を買うと
いうのは賛成しかねます。
イプサム
2006/12/19 20:17
自粛するようですね。
イプサム
2006/12/19 20:28

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
政治献金が企業の社会的責任? イプサム/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる