イプサム

アクセスカウンタ

zoom RSS 韓国の北へ対する支援

<<   作成日時 : 2006/10/13 11:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 5

金大中(キム・デジュン)前政権下の倍だったとは、さすがに
驚きです。水害支援の後でも「衣服や食べ物より重機や
セメントを欲しい」と言われ、何の疑いもなく送り続けた。
確かに「核開発の手助け」になったのは間違いありません。
読売より以下引用
韓国政府の「対北融和」、野党は「核開発の手助け」
 【ソウル=平野真一】韓国政府が融和政策を通じて北朝鮮に対して行った経済協力や人道支援が、「北朝鮮の核開発を助ける結果になった」との批判が野党から強まっている。
 盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領は、9日の北朝鮮の核実験実施発表後、政策見直しもやむなしとの考えを表明したものの、政府は南北経済協力の2大事業である金剛山観光と開城工業団地開発の中断には消極的とされ、野党勢力は、すべての協力をストップすべきだと要求、対立が深まっている。
 保守系の最大野党ハンナラ党の陳永(チン・ヨン)議員は10日、対北朝鮮支援に関する資料を公表した。それによると、盧政権下で実施された肥料供与やコメ借款などの支援は政府・民間を合わせて3兆ウォン(1ウォンは約0・12円)相当以上に達し、「太陽政策」を始めた金大中(キム・デジュン)前政権下の5年間で実施された約1兆4900億ウォン相当の約2倍となった。  引用終わり


ところで、日本に住む北の国会議員や総連の幹部は、いかが
お過ごしなんでしょう?北の政府に従うなら即刻本国へ
帰還する、反対するなら辞職するのが筋ではないかな?
もう、敵国の関係者を日本においておく事はできないんだ。
人の心があるのなら「我々は北へ帰ります、しかし一般の
在日は北とは関係ありません。このまま日本で暮らせるよう
お願いします」くらい言ってみろ!
君達のおかげで、まともな在日は困っているんだ。
北の国会議員6名と総連の幹部の早期国外退去を
望む方は
    ↓
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『安倍と北朝鮮』⇔『ブッシュとイラク』相似関係
現状の問題を以下に列挙したい。●持てる国と持たざる国と…ネバダ核実験場においてつい一ヶ月ほど前のの8月31日、アメリカが23回目の臨界前核実験をしたことはご存知だろうか?http://www.nucfreejapan.com/kaku_1_26.htmその時は、マスコミさんはほとんど騒がなか... ...続きを見る
なんで屋−驀進劇−
2006/10/13 15:14

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
 おっしゃる通り、きちんと筋を通してもらいたいものですね。

 ブログ仲間でその方の彼女さんが在日から帰化された女性なんです。
 やはり教育では『反日』を叩き込まれたそうなんですが、彼氏のおかげで180度転換、歪んだ在日の姿勢に喝をいれてます(笑)

 そういう人は『韓国系日本人』として大切にします。日本人は心が広いですからね。

URL
2006/10/13 15:59
北の議員さんには、本当にすぐに出て行ってもらわないとまずいですよね。日本に核、ぶち込もうとする国の議員は、入らないそういうことです。

金大中の倍ですか。太陽政策と言うより、完全に朝貢ですね。さすが将軍様の忠実なる僕です。
クルトンパパ
2006/10/13 16:43
 75歳以上の老人を徴兵しよう。彼らは軍国主義を体で理解している。核戦争の最前線に立たせよう。そして一気に高齢化社会を解消しようではないか!!江戸期に行われていた姨捨は現代社会にこそ必要である。これは国家百年の計である。日本には光が必要だ。老人たちよ燃えろ!!燃えるのだ!!
大室☆寅之助。
2006/10/13 19:25
橘様へ
彼女さんは朝鮮学校で
学ばれたのでしょう。
おっしゃるとおり
まともな在日の方は
区別したいですね。

クルトンパパ様へ
北の議員さんが日本に
居座っている事は、誰が
考えても問題です。
イプサム
2006/10/13 20:53
韓国の太陽政策は、失敗だったとしか言わざるを得ませんね。韓国は、失敗を認めて対北朝鮮強硬路線に転換し、国際社会と協同歩調を取るべきだと思います。
長田ドーム
2006/10/14 15:55

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
韓国の北へ対する支援 イプサム/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる