イプサム

アクセスカウンタ

zoom RSS 傲慢なるロシアは地に落ちる

<<   作成日時 : 2006/09/24 12:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 10

二日ほど前だったかな、サハリン2開発で好景気に沸いている
地元のニュースがあったが(若い女の子が月に7万位服を
買っているとか言ってたけど...うらやましい限りだ。)
こんな事をやっていては、もう終わりです。原油高も終わり、
一定水準まで下がる。と同時にロシアの好景気も終わり、
インフレで苦しむ事になるのだ。間違いない。
第一に今年の冬は暖冬だ。石油もだぶつく。
たいした産業も無いのに、一気に豊かになって
再び、経済危機に陥るのだ。そして国民の不満が高まり
政治は不安定になるだろう。
国際的な信用をここまで落としては、孤立する。
アメリカも文句を言い出したようだ。
いくらなんでもこれは、やりすぎだ。外資を排除して、
国営で進めようとする頃には、資金が調達出来ないだろう。
ロシアはきっと後悔する。

産経より以下引用
露、今度はサハリン1にも見直し要求 日本商社に暗雲
【モスクワ=内藤泰朗】ロシア天然資源省高官は21日、ロイター通信に対し、日本の商社などが参加し、米石油最大手エクソンモービル主導で開発が進められている極東サハリン沖の石油・天然ガス開発事業「サハリン1」に対しても見直しを求めていることを明らかにした。日本の商社が参加するロシア最大の石油・天然ガス開発事業「サハリン2」への事業停止命令に続く措置で、日本の対露事業に暗雲が立ちこめてきた。
 同高官は、サハリン1の事業費が当初予定の128億ドルから170億ドルに増大していることに不満を表明し、「このまま増大するようであれば、ロシアは利益を得ることができない」と述べ、事業費の増大を認めない方針を示した。同高官は、「われわれは(サハリン1に対しても)法的な措置をとる用意がある」と警告した。
 また、ロシアの英字日刊紙モスクワタイムズによると、同省は20日、フランスの大手石油会社トタルが中心となってロシア極北で進める石油開発事業「ハリヤガ」についても、ロシアと外資の間で利益分配法などを定めた「生産物分与協定(PSA)」を見直すようトタル社側に求めた。ロシア政府は、外資主導のハリヤガとサハリン1、2に関するPSAが石油価格低迷期の1990年代に結ばれた「不平等協定だ」として見直す方針を示していた。
 プーチン大統領は22日にフランスを訪問しシラク大統領と会談、ハリヤガのほか、トタル社が同じロシア極北で参画を目指す巨大天然ガス開発事業「シュトックマン」についても協議するとみられている。
 シュトックマンの権益を持つロシア国営天然ガス独占企業体ガスプロムは、ハリヤガとサハリン2への参画を求めている。資源・エネルギーの国家統制を強化するプーチン政権は、これら2つの事業にガスプロムを参画させ、外資主導にくさびを撃ち込む狙いがあるものとみられる。
 しかし、ハリヤガも、サハリン1も、100%外資で開発を進めるサハリン2とは異なり、ロシア資本が入っている。それにもかかわらず、サハリン2と同様に環境保護法違反を指摘されるなど圧力を受けている。このため、プーチン政権側が外資主導の資源開発の排除に向け、強硬姿勢を示し始めたという見方も出ている。

★しかしまあ、日本の周りには信用出来ない国が
 よくこんだけ集まったもんだなぁ

 プーチンがめつすぎと思ったら
   ↓
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(5件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
Payday loans.
Payday loans. ...続きを見る
Cash advance payday ...
2008/10/19 11:15
Ordering adderall.
Adderall abuse. ...続きを見る
Adderall xr snort.
2008/10/20 08:05
Xanax during pregnancy.
Xanax online. Xanax. No prescription xanax. Xanax effect. Xanax during pregnancy. ...続きを見る
Xanax.
2008/10/27 16:05
Lorazepam.
Lorazepam. Lorazepam side effects. Lorazepam liquid. Lorazepam overdose. ...続きを見る
Lorazepam.
2010/02/11 16:50
ルイヴィトン バッグ
傲慢なるロシアは地に落ちる イプサム/ウェブリブログ ...続きを見る
ルイヴィトン バッグ
2013/07/10 02:08

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
ロシアは泥棒である。投資してはいけない国だ。ロシアは壁が崩壊してから民主主義と資本主義経済を学んだのだ。彼らはいわば原始人である。
大室☆寅之助。
2006/09/24 15:08
外資を排除するなんて・・・。ロシアは、20世紀前半の帝国主義に戻る反動政治をするつもりなのでしょうか。ロシアの勝手で、世界経済が凍りつくのが恐いです。
長田ドーム
2006/09/24 16:06
基本的に、ロシア、中国、朝鮮は信用できない。
これらの国は、約束を破ることを別に苦痛とも思わず、平気で破るためだ。
特に最近は、中国の方が目立っているものの、ロシアも負けず劣らずの無法者国家となっている。
急激な資本主義の導入で、本来のゆっくりとした変化がいっぺんに行われたため、ひずみが大きく起こり、本来の資本主義の悪い部分ばかりが強調されてしまっているように思う。
また社会主義から資本主義になって(あるいは資本主義の方法を部分的に導入して)しまい、あまりにも国民がわけがわからなくなっている。
その為、今まで権力と暴力で飼われていた国民は、本来の権利に気がついていないと思う。
Asid
2006/09/24 16:21
(続き)
それは人権であり、自由である。(ただし、ここでの自由は、自分の責任が取れて初めて手に入れる自由である。無責任な自由ではない。)
その為、中国はまず違うし、ロシアにしても資本主義国家とは言えない状態だと思う。
ただ、強い力(権力)を持つリーダーの言われるままになっている。(あるいは、組織)
ある意味、独裁国家に近いのではないだろうか・・。
そういう国は、自分の都合が悪くなると牙をむく。
そういう国にかかわる時は、それ相当の覚悟をすべきだ。
経済関係者だけでなく、日本の外務省を始め国政にかかわるすべての人たちにそういう覚悟をもってがんばってもらいたいと思う。
Asid
URL
2006/09/24 16:22
これからの東アジア情勢、ロシアは要注意です。10年前、中国の脅威を説く者が少なかったのと同様、今はロシアの脅威が忘れられている感が強いので我々が声を上げるしかありません。また軍事的な脅威も、日本に対してはソ連時代から全く変わっておりませんからね。恐らく、プーチンの任期も後2年ですから、今の内に独裁体制を固めとく狙いでしょう。迫りくるロシアの脅威に対し、安倍さんが、日本のシュミットになれるかどうかが鍵ですね。
万能なモグラ
2006/09/24 20:02
何年前だったか忘れましたが、
国内1位の企業のトップを逮捕しましたね。
国家によって企業が抹殺されるなんて
社会主義が抜けきれないのだと
思ったことを憶えています。
彼はその後どうなったのでしょう。

プーチンはそのままの路線で
国外にも攻勢をかけてくるんでしょうね。
ロシア人らしいやり口で。
国連理事国に中露の2カ国がいる。
これも恐ろしいことです。
眠り姫
2006/09/24 20:22
大室☆寅之助。様へ
海外からの投資で
潤っている地方経済は
一気に落ち込むと
思うのですが

長田ドーム様へ
ロシアが強大になると
ろくな事がないです。

Asid様へ
ロシア、中国、朝鮮をまともな
国家と考える事自体が間違い
ですね。しかしロシアの変化は
急激でした。

万能なモグラ様へ
漁船銃撃事件もそうでしたが、
これはもう暴力外交ですね。

眠り姫様へ
石油王(これは脱税していた
らしい)
メディア王(これは、
報道を規制する為)
とかだったですかね。
このまま、帝国作りを
目指すのでしょう。
どこかで歯止めをする必要
がありますね。
中国、ロシアの強大化は
地球に優しくありません。

イプサム
2006/09/24 22:08
 日本の周りには、歴史に謙虚に学べない国が多いですね。
 今まで、一国が永久に繁栄するということはありえないです。
 石油という資源を独り占めにし、武器にしようとしても、いつか破綻するでしょう。
 東海地方で、東海テレビ『ピーカン』と言う番組で『リサイクルが戦争をなくす』内容のオンエアありました。ペットボトルを石油に換算すると何リットルになるか。というものでした。世界の歴史は資源争奪の歴史。私たち日本に出来る事は何かを考える番組でも有りました。
 自然を破壊し、繁栄をえたとしても何のいみがあるのか?
 日本は高度経済成長の時代に学んでいる。
 彼らはまだ気付いていない。

 
 
ひょっとこハム太郎
2006/09/25 20:06
 ロシアの船が座礁し石油を撒き散らす事故が何年か前にありました。
 日本人が柄杓などで一生懸命、必死にかき集めているのに、ロシア人は知らん顔。
 私たち日本人が、油だらけになった鳥たちを見て心痛めているとき、彼らは同じ画像をみて何を感じるのか。
 彼らの歴史は、自然破壊、他民族利用、威嚇、侵略の歴史である。
 
ひょっとこハム太郎
2006/09/25 20:41
ひょとこハム太郎様へ
プーチンはもう少し頭が
切れると思ってたのですがね
環境保護については、
きっちりと対策を立てながら
工事が進んでいたはず
(こんなもん作るのに100%
 影響が無いなんてのは不可能
 ですが)
それを今さら、中止せよ
なんてのは、世界からの信用を
なくすだけです。
それはそうと、気象庁も
暖冬宣言を出しましたね。
言ったとおりでしょう。
イプサム
2006/09/25 23:09

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
傲慢なるロシアは地に落ちる イプサム/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる