イプサム

アクセスカウンタ

zoom RSS 中国に媚びる政治家と経済界

<<   作成日時 : 2006/09/22 22:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 10

国際貿易促進協会と言っても、日中貿易促進の為だけの
もの。中国の食料品についての危険性は、中国の新聞自体
が書いてきたではないか、日本側の規制強化に対し化粧品や
加工食品に報復措置をしているようだが
(本当に調査をしたのだろうか)。
これ以上の貿易促進は不必要だと思うがな
ちなみにこの協会には、橋本龍太郎氏の息子の橋本岳衆議院
議員も顧問に名を連ねている。
人民日報より引用
王毅駐日大使「中日関係の不正常な状態に終止符を」
日本の国際貿易促進協会は21日の総会で、河野洋平衆議院議長を新会長に選出した。中国の王毅駐日大使も祝賀に駆けつけた。王大使と河野議長の発言は次の通り。
 ▽王大使
 当面、中日関係は正に岐路に立っている。周知の原因で、両国指導者の信頼関係が近年損なわれており、両国関係とくに政治関係は不正常な状況が続いている。このままではいけません、はやく中日関係を改善してほしい、日本の近隣外交を打開してほしい、これは日本国民の声となりつつあり、国際社会とくにアジア諸国も望んでいるところである。
 中国政府は一貫して対日関係を大事にしている。歴史の教訓を踏まえ、未来志向の関係を作り、アジア振興のために手を携えて行こうというのは、われわれの基本的な対日姿勢である。私はいよいよどうすれば現在の政治的障害を克服し、真の未来志向の両国関係を作れるか、これを真剣に考えて行く時期に入っているのではないかと、そして大きな政治決断が求められているのではないかと思う。日本国民、そして日本の政治指導者の賢明な決断に対し、われわれはいつでも積極的に応えていくつもりである。
 日本の政治には新たな変化がおきている。中日関係にも新たな変化がおきて行くことを望んでいる。日本国際貿易促進協会のみなさんにおかれましては、ぜひ河野新会長のご指導のもとで、その他の友好団体と力を合わせて、中日関係の改善という差し迫った大きな課題に取り組み、新たに貢献されることを期待する。
 ▽河野議長
 日中関係の改善は当面の急務であり、政治と経済は相互に促進されるべきだ。わたしは新会長として、このために積極的な努力をしていく。
画像

★日本の近隣外交を打開とはなんだ?文句を言っているのは
 中国韓国だけではないのか?日本国民の声は中国へ
 媚びる政治家を支持していない。他国民の声を勝手に
 解釈する前に、自国民の声を聞け!
 確かに、日本の政治には変化がおきている。
 中国の方も、変わることを日本国民は望んでいると思うゾ。
 報道規制なんてバカな事は止めろ(アニメを警戒するなんて
 のはアホだ)
 日本人は、まともに選挙も行われていない国が、
 国連常任理事国でいる事を理解出来ない。

 王も河野もいつまでも困ったもんだなぁと思ったら
    ↓
画像
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(5件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
姿を明確に現しだした売国政治家達。
「中国に媚びる政治家と経済界」について 先のブログにも記したましが、日本の総理大臣に対しては、靖国参拝停止の外交条件を 絶対条件とし、その他の平民・経済界の要人には無条件で会見とする対応は、明確な 内政干渉。もし安倍総理がこの中国政府の要求に対応すれば、如何なる論理を持って 釈明仕様とも、国民は屈辱外交と認定し、以後日本国民は、安倍政権を支持しないだろう。 ...続きを見る
*自由の翼*ITUKYUU
2006/09/23 04:42
中共「化粧品報復」一考
 今回の「マックスファクター社の化粧品「SK-&」ブランドの9品目から、使用禁止のクロムおよびネオジムが検出された」との中共各紙による報道。そして「返品騒動」も右に同じであって、P&G上海支社の窓ガラスを破る等の暴力沙汰の発生もまた中共政府の「見えざる」扇動によるものと指摘する。 ...続きを見る
博士の独り言
2006/09/23 22:00
支社襲撃に発展…中共の日本ブランド叩き激化
中共が野菜の残留農薬問題への報復として打ち出した和製人気化粧品SK−llに対する攻撃は、ついにP&G上海支社の破壊活動にまで発展した。 ...続きを見る
東アジア黙示録  
2006/09/24 01:50
「姿を明確に現しだした売国政治家達。」その2
「姿を明確に現しだした売国政治家達。」について 本日のニュースから。         一部  引用記載    【TBS】 中国、安倍政権への「期待」と「警戒」 ...続きを見る
*自由の翼*ITUKYUU
2006/09/25 06:08
「朝日は沈む・10年遅れの若宮啓文」について
「朝日は沈む・10年遅れの若宮啓文」について 我々戦前生まれは戦争の悲哀を見にしみて記憶している。次世代に戦争はして欲しいとは 思わない。そして反戦を教えて来た。だが、反戦と自国防衛・自衛権確立とは相反する。 とは言え、民族の存続は守らなければ成らない。今東アジアの反日思想は、ジリジリと 日本侵略を既成事実化しようとし、武力外交を表面化している。 ...続きを見る
*自由の翼*ITUKYUU
2006/09/25 16:32

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
中国に媚びる政治家国益を害する。
次回選挙には落選させたい。
でもしつこいゾンビなんだろうな。
「中国に媚びる政治家と経済界」について
2006/09/23 07:53
インドだ。中国に投資することは危険である。五輪後は特に危険だ。これからはインド。
大室☆寅之助。
2006/09/23 12:25
そうですインドでしょう。そして、モンゴルです。ゴビ砂漠の緑化プロジェクトです。是に成功すれば、世界に先駆けて砂漠緑化技術のノウハウだけで半世紀は日本経済は安泰です。バイカル湖に流れる水を北から南に流れを変えて、広大な灌漑事業のプロジェクトです。相撲界がよき架け橋になって呉れるでしょう。かなりの地下資源が有るらしい。相互の利益は膨大です。中・朝鮮に投資しても、喜んでくれる所かイチャモンばかり。無駄です。国益を損するだけです。是からは売国政治家がドンドン表面に出てきます。徹底抗戦で頑張りましょう。
itukyuu
2006/09/23 15:17
「中国に媚びる政治家と
 経済界」について様へ
日中関係の改善は、中国側次第
だろう。

大室☆寅之助。様へ
おっしゃる通りだと思います。

itukyuu様へ
モンゴル?それは気がつきません
でした。
イプサム
2006/09/23 16:34
>モンゴルです。ゴビ砂漠の緑化プロジェクトです。広大な灌漑事業のプロジェクト。。。。

確かに誰も気がつかなかった盲点ですね。他の砂漠地帯改善にもなるし、中国へのけん制にもなりますね。
相撲界と安倍総理に期待しましょう。
鹿
2006/09/23 18:51
まぁ・・経済関係者は、出向している日本人人質に獲られているようなものだし、なにより、在日系が深く入り込んでいるので媚中になってしまうのでしょう。
ただし、企業としては技術防衛の部分が強くなりつつあるので、あくまでもれても問題ない部分のみを中国で生産しているようです。
韓国が散々日本の最新技術を盗んでいましたから、そのおかげで産業スパイはやりにくくなったのではないでしょうか。
次に媚中政治家ですが、帰化2世とかの政治家が増えているということもあり、いなくなることはないと思われます。
まぁ・・いなくても弱みを作り、操り人形にしたり、接待で落としたりとするでしょうしね。
そういう謀略はうまいんですよね、中国。
Asid
2006/09/23 22:31
(続き)
あと・・インドは対中国政策の本命でしょう。
今、中国は兄弟のようなとかインドを祭り上げていますが、国境問題や周辺諸国の独立などでインドは中国に苦湯を飲まされていますから、そう簡単に中国の口車には乗らないでしょう。
利用することはあってもね。
あと・・モンゴルという意見ありますが、それは無理でしょう。
すでにモンゴルは中国化が進み、かなりひどいということです。
政治や経済は中国に握られているようですよ。
かえって東南アジアあたりに力を入れた方がいいかと思います。
私的には、親日国家として有名なトルコあたりわ押したいですね。


Asid
2006/09/23 22:32
Asid様へ
モンゴルは親日国家のはず
なんですが、すでに
中国に介入されている
のですか?残念ですね。
反日国家に対し無理に
媚びた外交などせず、
真に友好を築き上げられる
国に力を入れて貰いたい
ものです。
イプサム
2006/09/24 00:06
日本は華僑経済に対抗策を打つ必要がある。海上輸送においてマラッカ海峡は日本の急所であるが、この近辺を牛耳っているのは華僑資本とも言われている。日本はタイ政府と組み、マレー半島に運河を建設するというのはどうだろう。マレー半島先端はご存知シンガポールである。運河の建設は華僑経済をスポイルし、タイ・ベトナム・インドの相対的地位を向上させることは間違いない。中国・華僑に対抗するためには長期構想が必要である。最近の外務省の発想はせいぜいODAをどこに投げるか程度のことしか考えていない。これでは日本は舐められてしまうのだ。残念なことに日本はマラッカ海峡に大きく依存しているにもかかわらず、海賊対策ですら主導権を取れていないのだ。

大室☆寅之助。
2006/09/24 11:52
>海上輸送においてマラッカ海峡は日本の急所であるが・・・・
是は素晴らしいアイデアです。現在では運河の規模もかなりの深度が要求され、日本の海洋技術を高度に生かしたプロジェクトが汲めるでしょう。ご意見にある如く、前大戦では、日本はこのマラッカ海峡の苦渋を飲まされています。外務省の中韓朝迎合のODA等は、何の国益にもなりません。中東に石油を依存する日本には、将来に渡って膨大な利益をもたらすでしょう。
しかし、モンゴルに中国の影がそんなに大きく影響し出しているとは知りませんでした。偏西風がもたらす黄砂問題も解決できると考えた訳ですが。しかし、現在の中国には私の提案するプロジェクトを達成できる能力があるとは思えません。踏まえて、モンゴルの食肉は米国一辺倒の食肉輸入に一石を投じる事の利益が有ると考えたのですが・・・。
私はジンギスカン贔屓で、歴史もお肉も是が好き。
itukyuu
2006/09/25 17:00
中国に媚びる政治家と経済界 イプサム/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる