イプサム

アクセスカウンタ

zoom RSS 人権擁護法案と外国人地方参政権

<<   作成日時 : 2006/09/09 20:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 12

完全につながっていますね。日刊黒潮 黒潮の社会ブログ様
で書かれています。気付きませんでしたね。
【国籍条項】を盛り込んだと言うのは完全にごまかしです。
朝日より以下引用
人権擁護委員に「国籍条項」 法務省が修正素案
 自民党内の意見対立から国会へ提出できない状態が続いている人権擁護法案について、法務省は30日、自民・公明の「与党人権問題懇話会」に、昨春まとめた政府原案に大幅な修正を加えた素案を提示した。自民党の反対論を踏まえ、人権侵害に関する調査や加害者への指導などを行う人権擁護委員になれるのは「市町村議会議員の選挙権を有する住民」で、実質的に日本人だけとする「国籍条項」を盛り込んだ。法務省は与党協議を経て、来年の通常国会に法案を提出したい意向だ。
★問題はここ「市町村議会議員の選挙権を有する住民」
 日本人と限っていません。ようするに外国人に
 地方参政権が付与されると同時に、人権擁護委員に
 なれるというわけですね。

 現在、全国に約1万4000人の人権擁護委員がいる。現行制度にも同様の条項があり、外国人は就任できない。しかし、法務省の審議会が、定住外国人の増加をふまえて「外国人からも適任者の委員選任を検討する」よう求めたため、政府原案では、国籍条項は盛り込まれていなかった。
 これに自民党の一部などが昨春、反発。安倍官房長官も加わる拉致議連は昨年3月、「朝鮮総連の関係者が委員になる可能性を否定できない」などと批判した。法案が人種などを理由とする「嫌がらせ」や「不当な差別」を禁じる点については「北朝鮮による拉致問題への対応を批判したりすることまでも、在日韓国・朝鮮人への人権侵害を助長したと解釈される可能性がある」としていた。自民党議員などでつくる「真の人権擁護を考える懇談会」も同様の主張をしていた。
★法務省と自民・公明の「与党人権問題懇話会」の今後の
 動きに注意が必要です。
 この法案に反対しているのは、自民党の半分と共産党だけ
 です。採決までいったら、完全に終わりですな。
 もうひとつ理解できないのが、日本では外国人による政治活動
 は認められていないはずなんだが(在日党というのがあるのだが
 認められないそうだ)自民共産以外は(国民新党は知らんけど)
 外国人でも党員になれると言うのはおかしいんじゃないかな?
 何割まで認められるのだろう?線引きが分からない。
 党首が日本人で、他すべてが外国人でも活動が出来るの
 だろうか?

 人権擁護法案と外国人地方参政権には断固反対の方は
     ↓
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
総理大臣の卒業旅行
何時の頃からか、わが国の総理大臣が先が見えてくると、外国旅行に出掛けるのが、慣わしになった。 国際情勢とか、政治的な必然性の、何も感じられない国に出掛けて行くのを、村山総理の頃から、毎度私は腹立たしく思っていたが、マスコミ人種は、その点に触れなかった。 .... ...続きを見る
晩秋
2006/09/10 04:58
「「是で安倍政権は3年で終わりだネ!。」その4
「「是で安倍政権は3年で終わりだネ!。」その3」について 法務省こそ悪の総本山。この表現を自信を持って書き込めるのは、恐らく私だけである。 何故なら間違えたら、自身の身の破滅が確定的な要素にあるからだ。だが、完全に理解不能 と雖も、一応は六法全書の解読に関しては勉強させられている積りで有る。 ...続きを見る
*自由の翼*ITUKYUU
2006/09/11 01:42

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして。

いつも拝見させていただいております。

今回のエントリー、これは無視出来ないと思いコメントした次第です。

危険ですね、、私もかねがね人擁護法案と外国人地方参政権はセット物だと確信しております。

日本の出入国管理難民認定法では永住が許可される基本的な要件のとして、

1・素行が善良であること。
2・独立の生計を営むに足りる資産又は技能を有すること。
2の中の審査諸点として
「10年以上継続して本邦に在留資格を持ち在留していること。」

とあります。

端的に言ってしまえば外国人なら誰でもチャンと10年生活していると永住権承認されて地方参政権を与えられれば人権擁護委員として活動できる事になり、これはあながち極論でもなく合法的なスパイ天国もしくは日本が乗っ取られる可能性が大です。

断固反対共闘クリックします〜。
dandy
URL
2006/09/09 22:20
手っ取り早く帰化する輩も出てくるかもしれませんね。ところで、この法案の推進派には石破氏なども入っていますよね。一体我々の知らない所で何が起こっているのやら…。同和問題を追求してきた読売もこの問題は記事が小さいですしね。私の周りでもこの法案について心配している者はほとんどいません。こうした国民の無関心が最も危険だと思うのですが…。
万能なモグラ
2006/09/09 23:00
>万能なモグラさん

>私の周りでもこの法案について心配している者はほとんどいません。こうした国民の無関心が最も危険だと思うのですが…。

仰る通りだと思います。この事に関しては私自身のブログでも一番懸念しているところです。

マスコミは人権擁護法案の火の粉が自分たちに降り注がないと決まった瞬間からこのことに蓋をしています。

ある意味この法案による言論統制はもうすでに始まっていると言っても過言ではないと思います。
dandy
URL
2006/09/09 23:16
dandy様へ
この法案については、マスコミは
以前からあまり書きません。
次期政権で、絶対に
成立させてはなりません。
声を広げましょう。

万能なモグラ様へ
石破氏どころか次期幹事長が
最もやばい人物です。

イプサム
2006/09/10 00:00
dandyさん、ありがとうございます。本当にこの亡国法案について、我々は別として多くの国民が一体どれほどの危機感を持ってるのか相当に疑問ですよね。普段から「言論統制反対」と漠然と思っている人達も、自分達の怠慢が原因で、知らぬ間に言論統制を招いている事に早く気付くべきですね。私など近頃は「人権」と聞くだけで嫌悪感を覚えるのですが、多くの国民はまだまだこの「人権」という言葉が悪用されてる事実を知らない様です。非難を承知で言わせていただくと、国民のこの怠慢、怠惰は、それこそミサイルの一発でも喰らわない限り目が覚めないのではないかと私は思っています。そうならないためにも、我々はさらに声を大にして訴えていく必要がありますね。がんばりましょう。
万能なモグラ
2006/09/10 00:14
あっ、イプサムさん。次期幹事長の件、予想されてた事とはいえ、安倍政権は成立前から相当に雲行きが怪しくなってきましたね。私は今、男運の悪い女が「また騙された!」ってな気分です(笑
万能なモグラ
2006/09/10 00:21
イプサムさん
万能なモグラさん

先ほどは先走り横レス失礼しました、すみません。

公明党では冬柴幹事長が事実上の外国人地方参政権の旗振り役なのは周知の事実だろうと思いますが、この冬柴も入閣する可能性が出てきているのも見逃せません。

すべて良かった訳ではありませんが安倍氏も小泉首相のように政策方針が合わない者を切り捨てる英断が出来るかどうか。

平沼赳夫氏や小林興起氏、城内実氏など本法案の反対者は実は郵政民営化にも反対だったことが裏事情として報道されていないのもマスコミの誘導かと憶測しています。
dandy
URL
2006/09/10 00:55
*訂正です。

>本法案の反対者は実は郵政民営化にも反対だったことが

「郵政民営化の反対者は実は本法案にも反対だったことが」です。

「反対」になってました。。。
dandy
URL
2006/09/10 01:01
万能なモグラ様、dandy様へ
古賀、二階、中川氏の内
一人は、重要ポストに
つけるとしたら中川氏と
いう事なのでしょうか?
一番転びやすそうな感じが
します。甘いかな
それにしても、とうとう
冬柴がでぇ〜じんですね。
イプサム
2006/09/10 02:41
個人的には中川氏になるのではと思っています。
安倍氏は先に出版された「美しい国へ」の中で連立政権下で自民党が野党になり、その後政権を取り戻した時の「自由民主党新宣言」の案に、自主憲法制定の趣旨が全く入っていなかったことに対して中川氏を中心に大反対したといっています。

中川氏自身のサイトでもいち早く安倍政権支持を打ち出しているので何らかの重要ポストは間違いないのではと推測しています。

「古賀」←政局が絡まない限り問題外ではないでしょうかね〜。
dandy
URL
2006/09/10 13:00
政治の世界は闇ですから、時に敵と雖も、重用する度量が要求される場合も有ります。問題は安倍政権を支えるスタッフに是を是を入れない事。つまり私的なスタッフの事。人選は厳格を極める必要が有るでしょう。
人権擁護法案は、イヨイヨ、悪の総本山・法務省が遂に顔を出して来ました。人権屋弁護士が叩かれては、是が表に出ざるを得ないとの判断にはミスが無かった様です。法務官僚の右派がやっと台頭して来た様です。法務トップを押さえる似非・正義論者が一番の悪。是を潰さない限り、全ての努力は水泡です。皆で協力・情報交換等を活発に行い、是を排除しましょう。
出来ればT・Bさせて頂きます。
itukyuu
2006/09/10 16:15
調停委員就任に国籍の壁 在日弁護士拒否相次ぐ【2006年 8月31日 (木) 07:18】
ttp://news.goo.ne.jp/news/kyodo/shakai/20060831/20060831a4270.html
現存する委員でも在日外国人がちょっかいを出して委員をやらせろと言ってますね。
これじゃ人権擁護委員の資格が日本人のみと言われても・・・いずれ後から法案自体を代えようとする動きが出て来るでしょう。
774
2006/09/13 04:51

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
人権擁護法案と外国人地方参政権 イプサム/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる