イプサム

アクセスカウンタ

zoom RSS 中国に対し、どう向き合うか

<<   作成日時 : 2006/08/19 21:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 18

ロシアや韓国との領土問題も重要ですが、中国との関係も
真剣に考えなければいけないと思います。
地球温暖化等は、すでに日本にも影響が出ています。
食料品等は、国産を無理しても買うべきでしょう。そうすれば
少しでも、自給率は高くなるかも知れません。しかし、
あまりにも、回りは中国製品が占めています。
あなたの家の冷蔵庫の中身(国内で流通している野菜の
5割は外国産でその90%は中国産とも言われています。
残留農薬は危険です。)や
あなたの子供さんやお孫さんのおもちゃを見て下さい。
裏に小さくMADE IN CHINAの文字があるはずです。
中国人は、このまま放っておくと世界中の資源を貪り尽し
地球を破滅の道へ導くでしょう。彼らに自分のケツを拭く事
など出来るはずがありません。
いずれ中共は崩壊するでしょうが、環境汚染は深刻で
後戻りがききません。無償援助等はもっての他ですが
省エネ技術や公害対策技術の提供を行い、我が国への
影響を最小限にとどめるように努めるべきです。
チャイナネットより以下引用
中国、6年来最も深刻な自然災害に見舞われる
民政部国家減災センターによると、今年我が国は2001年以来最もひどい自然災害に見舞われている。8月15日現在の統計データでは、今年の被災人口は3.16億人、死亡2006人、624人がさまざまな自然災害の中で行方不明となり、1295万人が緊急避難を余儀なく安置された。農作物の被災面積は約3600万f、収穫ゼロの農地面積440万fを上回る。153万軒の家屋が倒壊し、410万軒以上の家屋が被害を被った。直接の経済損失は1600億元に達している。
民政部災害救済司の王振耀司長は、今年の自然災害による被災人口、死亡人口、農作物の被災面積、収穫ゼロの面積、倒壊家屋などによる経済損失はいずれも2001年来の同期平均水準を上回るものとなっている、と語った。
伝えられるところによると、今年の災害はパターンや種類も多く、発生時期も早く、継続時間も長く、そして頻発し強度も高く、経済損失がひどかった。今年3月下旬に長江以南の地域は豪雨に見舞われ、これは昨年より1カ月早いものであった。台風1号は5月18日広東省に上陸し、往年の平均より40日間ほど早いものとなった。それから8月9日までの44日間に台風が平均して9日間足らずで一回の上陸となり、その頻度も史上まれであった。5月に入って以来、福建省は相継いで7回もひどい冠水や洪水、台風に襲われ、湖南省、広東省、江西チワン族自治区なども3回以上被害を受けている。
沿海地域は台風による洪水や土石流の被害を受けると同時に、内陸部の多くの省が干ばつに悩まされている。今年夏に入って以来、西南部の重慶市の大部分と四川省東部地域は降雨が少なく高温の天気が続き、一部地域では50年に一回といわれる干ばつに見舞われ、1100余万人と1000万頭の家畜の飲用水が困難に見舞われている。それよりさらに深刻な干ばつが河北、内蒙古、吉林、陝西、黒竜江、寧夏などの省と自治区でも発生しており、一部地域では2004年11月以来たっぷり雨が降ることがなく、一部地域では昨年の降雨量は200ミリ以下で、広大な面積の農作物が収穫できなくなり、人と家畜の飲用水も困難に見舞われている。
災害には豪雪の被災もある。新疆ウイグル自治区の阿勒泰(アルタイ)地区では、今年年初に13回も豪雪に見舞われ、13.9万人が被災し、100万頭近くの家畜はエサがなくなり、それに与える枯れ草の不足で、直接の経済損失は1.5億元に上っている。
★言うべき事は、きっちり言う
  そういう対中外交をお願いしたい
    ↓
画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「中国に対し、どう向き合うか」について
「中国に対し、どう向き合うか」について 日本【核・武装論】ですが、是に付いては以前より≪?≫を打っています。反対とする意味 では有りません。基本は無意味と言う思考です。大筋の背景となる理由を以下に記します。 ...続きを見る
*自由の翼*ITUKYUU
2006/08/21 13:46

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(18件)

内 容 ニックネーム/日時
安倍さんが、媚中派を重要ポストに就けるかどうかで決まってきそうですね。二階、中川(秀)は勘弁してほしいですね。それはそうと、北がとうとう、地下核実験をやるそうですね。実験後、爆弾が小型化されミサイルに装着後、実戦配備され様としている正にその時、安倍政権誕生というのも何かの巡り会わせかも知れません。私は日本を信じています。
万能なモグラ
2006/08/19 21:54
万能なモグラ様へ
ポストに就けるような予感が
します。
自国にミサイルを向けている
国に援助するのは、世界中で
二国だけです。

それはそうと、このままでは
北海道でしかお米がとれなく
なりそう。
イプサム
2006/08/19 22:32
拝啓、暴論と取られても敢えています。 日本の国益を第一に考える政治家を選び、断固かつ早急に核武装しましょう。 英仏いや当初はイスラエル並でいいのです。 長距離核ミサイルの目標は勿論 暴虐極まる説教強盗国家支那の北京・上海を筆頭とする主要都市であります。 そして東京・大阪を筆頭とする巨大公共施設の地下に核シェルターを建設しましょう。 財源ですか、支那及び特亜三国に対するあらゆる援助 留学生に対する莫大な補助を即 停止すればお釣が来ます。 この核武装が実現すれば弱い者虐めと恐喝・反日宣伝を国技とする支那 特亜三国 日本漁民を虐殺したロシアの態度はコロッと変わります。 もう我慢の限界です。隠忍自重して敗戦後61年経ちました。 今こそ決断のときであります。 迎撃ミサイルも必要ですが、たかる一方にて反日宣伝・反日映画を欧米カナダを始めとする諸外国にて組織的かつ大々的に行う息を吐く様に嘘をつき ありとあらゆる内政干渉及び極悪非道の人殺し・凶悪犯を送り付ける支那に譲歩思いやりは逆効果であります。長文にて。 草々
(^-^)風顛老人爺
2006/08/20 00:53
(^-^)風顛老人爺様へ。いやはや、流石のITUKYUU も是には参りました。恐れ入って御座います。
itukyuu
2006/08/20 01:26
拝啓、核武装論の出典は兵頭二十八氏の著作からです。 初めて読んだ時は些か戸惑いました。 されど、今日では核武装しかないと。 乱文御容赦あれ。草々
(^-^)風顛老人爺
2006/08/20 02:39
兵頭二十八氏のお名前から想定しますと、現在54歳?の現役で、高名な故・平八郎氏の係累と解釈出来ると思いますが、現役バリバリの硬派が御出でに成るとは、恐れ入りました。
itukyuu
2006/08/20 03:37
日本核武装を考えるのなら、現時点では旧西ドイツのシュミットがソ連に対してやった様に、アメリカから核を持ち込み中朝露に実戦配備するのが最適かと思われます。現在でもアメリカが日本に核を持ち込んでいるのは既成事実ですが、アメリカと打ち合わせの後、中朝露に対し改めて日本がはっきりと明言する必要があります。そうなれば、中共は必ず多くの妥協をしてくるでしょうし、北との交渉にしても、金正日は金縛りあったも同然、近い内に必ず瓦解するでしょう。領土問題もしかりです。ただ、これらの事をやる上での最大の障害は、昨日も書き込んだのですが、日本人ならぬ非日本人だと思います。
万能なモグラ
2006/08/20 13:15
(^-^)風顛老人爺様へ
現時点で、政治家が核武装を
主張したら、政治生命絶たれます。

万能なモグラ様へ
日本が核武装する事に対し
米国は賛成しないでしょう。
イプサム
2006/08/20 14:04
 この世界中を覆う悲しい問題は、数え上げたらきりが無いですね。
 これらの問題は、単なる私の想い過ごしかもしれませんが、欧米連中がこの世界に拡散させた「産業革命以後の世界秩序の『崩壊』の序章」ではないでしょうか。
 つまり、有害な煙をもくもく出して工業製品を作り、石油を大量消費。有色人種に無理やり開国させ、製品を買わせる。
 大挙して、ネイティブアメリカンの土地を収奪。アフリカ、中東各国を勝手に線引き。黒人を『奴隷として連れてくる』
 石油資源の収奪。これにからんで中東問題への介入。テロへの対抗としてのイラクの民間人の大量虐殺。
 経済発展を餌にして、破壊した、古来からの美しい日本の教育、美徳、価値観。
 
 ◎かつての日本が求めた、欧米列強によらない、日本をリーダーとするアジア中心の『価値観』が必要ではないでしょうか。
 ◎現在の世界各国の様々な問題=欧米各国のゴミのような腐った世回秩序のポイ捨ての結果。
 キミたち!自分たちでケツ拭きなさい。
 
 
ひょっとこハム太郎
2006/08/20 16:43
拝啓、かつてなら日本において政治家が核武装を主張すれば確かに政治生命を断たれた可能性が大きいです。 しかし、最近は風向きが変わって来ております。 アメリカが賛成しようとしまいと日本が近代国家となり、 支那 ロシア 南北朝鮮、特亜四国に対してきちんと意思表示し外交交渉する為にも断固として核武装すべし。 主要都市に核待避壕を設置すべし。 それから 次に迎撃ミサイル網とそれに連動するレーダー探知網を装備すべし。 最低限度 前記の措置を行ってこそ 対等に近い日米同盟となります。 繰り返します、今こそ決然と断固として核武装すべし。 長文にて、草々
(^-^)風顛老人爺
2006/08/20 17:55
アメリカは、最初反対するでしょうが、共和党の内はまだチャンスがあると思います。民主党に政権を執られてからでは完璧手遅れです。交渉の祭、いかにアメリカの国益に結び付かせるかがポイントですね。二重キーにしておくので万が一にも、日本からアメリカに向けて発射される事は有り得ないという事を強調するなど、粘り強く説得するしかないと思います。
万能なモグラ
2006/08/20 18:53
ひょっとこハム太郎様へ
日本がアジアのリーダーに
なるには、中共の崩壊が
きっかけになるような
気がします。

(^-^)風顛老人爺様へ
現時点で米国を無視した
外交は、我が国には
不可能だと...

万能なモグラ様へ
核武装の他に、何か
手はないものなのでしょうか?
イプサム
2006/08/20 20:16
拝啓、神ならぬ我が智恵では核武装が我等が日本及び近代文明社会を擁護し、廉価 安心 安全を実現する道具であります、私の言葉で云うと生存適性を高めます。 家主さん、非礼なれど敢えて言わせて頂ければ 「アメリカを無視出来ない」というのも敗戦後61年間掛けて洗脳されているのではありませぬか? 勿論 私はアメリカや台湾等の友好国を無視しろだの、 支那の戯画化された軍事国家になり 侵略やエネルギー盗掘に狂奔すべきと主張しているわけではありませぬ、誤解無き様に。 特亜四国に侮蔑されず アメリカにいい諾々と金蔓 使い走りにされない、 日本。 真っ当な国になって欲しいとそれのみです。 戦争に一回負けただけで なぜ ここ此処迄、何もかも日本が悪い 日本軍は極悪非道だとねつ造されて非難され続けるのか。 なぜ 反論出来ないのか? 不甲斐なし。 長文にて。 草々
(^-^)風顛老人爺
2006/08/21 00:47
うちでは食料品を買うときに、中国製かどうかは必ず見ます。が、怖いのは中国産を使った加工食品。これらは食材の原産国が表記されていません。生姜やアサリは食品のなかでも特に汚染度が高いので、すりおろししょうが、紅生姜、アサリの水煮、冷凍アサリを買うときは要注意。
tesa
2006/08/21 08:33
拝啓、私も可能な限り支那製の食品・玩具は買わぬ様にしております。 御指摘の通り 加工食品は産地が不明な物が多くて不安です。 米国狂牛病牛肉も危険極まりないのですが 支那から輸入された食品・玩具の安全性の低さ 危険についてあまり報道されていませんね。 乱文御容赦あれ。草々
(^-^)風顛老人爺
2006/08/21 12:59
(^-^)風顛老人爺様へ
私は、反米左翼と言われた事が
ある位の人間です(笑)。
核武装は、デメリットが
多すぎます。
偵察衛星(これもね環境目的と
ごまかすのです)
を飛ばして、他の国が
ミサイル発射の兆候があれば
直ちに攻撃するのです。
これでも憲法改正の必要が
あります。
日本が核を持ったら
世界ががっくりします。

tesa様へ
加工食品は、問題ですね。
原材料名を表示される
必要がありますね。
イプサム
2006/08/21 23:20
拝啓、管理人さんの卓見にせん越ながら一理あります。 しかし、特亜四国をのさばらせる為に我々の父祖は支那やシベリアに死屍累々を重ねたわけではありません。 きちんと日本が国家意思を表する為にも核武装です、勿論 衛星探知システムも大規模なシェルターも必要であります。 食料の自給率も上げましょう、可能な限り国産品を愛好しております。 残念ながら家庭菜園に迄手を広げられぬので。 長物にて、些か 感情的になりました。 草々
(^-^)風顛老人爺
2006/08/21 23:39
(^-^)風顛老人爺さんへ。
ニコニコ顔のマークの割には、大変な武装主義で居られます。人夫々ですから反論は致しませんが、今から是を持ち出すと、逆に≪中韓朝・E≫、反日思想に、絶好の反撃論・口実を与える反作用を生み出します。政策論からすれば、先ず憲法改正迄。何故なら【中・露】の特亜大国たる2国は、日米安保の圧倒的技術力を今回のミサイル騒動で完壁なまでに認識させられていると考えます。中国が内心では日本と融和策を執る背景は、この軍事技術を盗みたいからでしょう。【核兵器】に狂っている【南北・朝鮮指導部】のみが、現実を認識して居ないだけ。先ずは、ナントしても売国勢力の排除が第一段階と認識致します。憲法改正までは【核武装論】は禁句でしょう。
itukyuu
2006/08/22 00:35

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
中国に対し、どう向き合うか イプサム/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる