イプサム

アクセスカウンタ

zoom RSS 外国人を雇用するより

<<   作成日時 : 2006/07/30 00:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

配偶者控除を見直すべきだと思うのですが。
私のまわりでも、103万できっちり抑える主婦が多いです。
これだと、子供二人を保育所に預けると残りません。
又、130万を超えると自分で年金も社会保険料も払わな
ければなりません。
控除そのものを廃止するのには反対ですが、もう少し
段階的にできないものかと考えます。
働けば働くほど豊かな生活が出来る、当たり前の事です。
景気が良くてもかつてのようなベースアップは、望めません。
30代の世帯主が年収200万台というのも、これからは
ザラになってくるでしょう。子供を二人作る気になるわけが
ありません。主婦が働かなくては無理です。
もちろん、余裕のある方もさらに余裕の生活をしたいはずです。
この103万という区切りは、あまりにもばかげていると思う
のですがね。当然保育所も増やさなければなりませんが、
新たな雇用を生みますので、経済にはプラスになります。
少し、日本人はぜいたくをしすぎたかもしれません。
共稼ぎで年収400万...これは世界的にみても決して
貧しいくらしではないと思います。軽自動車、パソコン、
エアコン...充分じゃないですか
元気な老人も働きましょう。ぜいたくしたいなら働きましょう。
働いて、その一部は立派に税金を払いましょう。
働けるのに働かない在○や同○は締め付けましょう。
皆さんもそう思いませんか
 ↓
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
家が自営の配偶者の方は、税理士に忠告され税金対策の為に仕事をやめていく方もいます。そうすれば、秘書的役割を果たしたとみなされ、その分だけ控除されるからです。
税金対策といわれて労働を否定され、家に引きこもって子供と旦那の相手だけしている方が一体どれだけいるのでしょうか。
働くことを否定され、自分の存在すら否定されたと考える方も少なくは無いでしょう。
takayuu
2006/07/30 09:35
すべての控除は廃止するべきだ。主婦という身分を作る必要はない。配偶者控除のせいで勤労意欲が損なわれている。むしろ単純労働は労働ビザを発行し、外国人に任せればいい。
珍 胡草
2006/07/30 16:30
takayuu様へ
もっと働けるのに、
税金対策の為に、仕事を
やめるというのは、本人に
とっても、国家にとっても
もったいない事です。

珍 胡草様へ
いきなり、すべての控除を
廃止すると、手取りが激減
します。
イプサム
2006/07/30 23:42

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
外国人を雇用するより イプサム/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる