イプサム

アクセスカウンタ

zoom RSS さすがは朝日です

<<   作成日時 : 2006/07/09 02:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

中国と親しいだけに、詳しい記事を書けます。
以下引用
説得?心中? 中国窮地 外務次官10日訪朝
★さすがに心中は出来ないだろう。

国際社会を向こうに回して北朝鮮をかばってきた中国が、日本などが国連安全保障理事会に提出した国連憲章第7章にもとづく制裁決議案への対応で苦境に陥っている。6者協議で議長を務める武大偉(ウー・ターウェイ)外務次官が10日に訪朝し、ミサイル発射の凍結や6者協議への復帰を説得するが、同じ日に安保理は決議案の採決を予定。時間が限られるなか、国際社会に同調するか、孤立する友邦を守るかの二者択一を迫られている。
「北朝鮮は難しい」
中国の高官が朝日新聞記者にこう漏らしたのは今月4日のことだ。その翌日、北朝鮮はミサイル7発を発射した。
★中国の高官は、朝日だけにはポロッともらすのか
 さすがに友好関係を築いたところは違うもんです。

北朝鮮の最大の支援国で、6者協議の議長国でもある中国がミサイル発射で受けた衝撃は、どの国よりも大きかったはずだ。しかし、メンツをつぶされてもなお制裁決議案には反対。米国などと神経戦にも似た外交カードの切り合いを水面下で繰り広げている。
象徴的だったのは7日に訪中したヒル米国務次官補の発言だ。武次官、李肇星(リー・チャオシン)外相、唐家●(●は王へんに旋)(タン・チアシュワン)国務委員(副首相級)と相次いで会談後、北京の記者団に「北朝鮮の行動は挑発的で、声をひとつに対応する必要があるという(国際社会には)幅広い合意がある、と私は思う」。
ホワイトハウスは中国もミサイル発射を「挑発的」と位置づけたと説明したが、実際にはヒル次官補がそうした言質を取りつけられなかったことを示唆した。
中国が制裁に慎重なのは、北朝鮮の暴発に対する警戒感からだけではない。国際社会に最終的に同調するにしても、その前に6者協議の再開に向けた影響力行使を中国に期待する米国から出来るだけ協力を取りつけておきたい、との駆け引きが透けて見える。
元来、北朝鮮の核問題を解決するには米朝2国間の協議が最も近道だ、という思いが中国には強い。北朝鮮への影響力の行使には及び腰な半面、北朝鮮との対話を嫌悪するブッシュ米政権への説得には熱心で、6者協議の枠内で米朝接触を何度も演出してきた。
中国にとって理想的な展開は、武次官の訪朝による説得が功を奏して北朝鮮がミサイル発射の凍結を約束するか、提案した議長声明が各国から支持されることだ。しかし、ともに可能性は低い。一方、制裁決議に拒否権を行使することは北朝鮮と「心中」する最悪の展開だ。
朝鮮半島情勢に詳しい米中関係筋は、棄権を念頭に「どうせ転ぶにしても米国のシャツの袖ぐらいは引きちぎっておきたい、取れるものは取っておきたい、という思いではないか」と見る。
その場合、中国が最も期待するのは、ヒル次官補の訪朝だ。北朝鮮が切望し、6者協議の再開に直結する。また、北朝鮮が猛反発している米国による事実上の金融制裁問題を6者協議で話し合うことも画策している。
★中国は棄権するのか?そこまで書いちゃっていいのかな?
 ヒル次官補の訪朝は、無理
 金融制裁問題を6者協議で話し合うことも無理

 北のミサイル基地は、台風3号の通過で全滅すると
 思ったら
    ↓
人気blogランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
朝日は沈む・パルの日本無罪論
 昨日から朝日朝刊ではじまった「歴史と向き合う」シリーズの第一弾は、パル判決だった。本文は、ほとんど全面3ページを占領した力作だが、興味をもつ読者には、読み飽きた内容で、ことあたらしい内容はない。したがって、この短文で紹介しないが、一面の紹介文と本文中にある『日本の戦争責任を否定する論者にとっては「日本無罪論」とまでいわれる』といったような表現をつかって、あたかも、パル判決の支持者たちが、日本の完全無罪を主張しているがごとき印象をまき散らしている。  いうまでもないが、パル判決は法律論と... ...続きを見る
罵愚と話そう「日本からの発言」
2006/07/13 11:55

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
もう正確な北の未来予測は、誰にも出来ませんね。中国にしろロシアにしろ、建前としては一応北を擁護していますが、本音は、「自国の近所にあんな国があってはたまったもんじゃないが、アメリカに対する牽制も必要だし…」というとこでしょう。しかも中国は、もし北がアメリカに占領され軍に駐留されれば、いつも真横にアメリカ軍がいる事になり、それはそれで大変な脅威を感じるんでしょうね。そこで可能性としては低いかもしれませんが、中国が北の心中に巻き込まれる前に、自ら人民解放軍を北に放ち、あっさりと中国の完全支配下におくという事態も考えられると思います。ところで、朝日の人間に中国側が本音を漏らしたとの事ですが、それなら政府は、すぐに朝日にスパイを送り込むべきですね(笑
万能なモグラ
2006/07/09 02:47
万能なモグラさんへ。何時も的確なコメントで楽しみに拝見させて頂いてます。北の未来予測は、確かに難しいです。唯し過去の歴史的な観点にポイントを置きますと、結論は簡単で【金体制の崩壊】です。問題は南が現状の経緯を進行すれば、イブサムさんのブログにある【20年後の朝鮮半島は中国の属国】とのジャーナリストが書いた記事が正解でしょう。唯し是はかなり遠慮してます。凡そ・その半分10年後でしょう。是が私の予測です。【金体制の崩壊】は以外に早く来る事になりますネ!。
itukyuu
2006/07/09 11:04
万能なモグラ様へ
結局、どの国も
係わりたくないのが、
本音なんでしょう。
内部からの崩壊を待つしか
ないのでしょうかね?

「朝日にだけ本音をもらす」と
いう事は、今まで中国側に
有益な記事を書いてきた
証明ですね。
イプサム
2006/07/09 19:09
最近になって、朝日の記事のあり方を批判するメデアが多く散見される様に成りました。反日・ネット&メデアに対する動きが徐々に浸透して来た事は、歓迎すべき傾向でしょう。
itukyuu
2006/07/09 19:49

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
さすがは朝日です イプサム/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる