イプサム

アクセスカウンタ

zoom RSS 中国と公明党の関係

<<   作成日時 : 2006/07/08 12:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

竹入元委員長を攻撃するつもりが、中国に懐柔されてきた
事実をわざわざHPでバラしています。
今でも、公明党の斡旋による事業は続いているのでしょう。
中国様を大事にしたい気持ちがよくわかる。

86年に、中国の「ある筋」から
【公明党と連携して事業をやりたい】...

公明党の斡旋による日中合作、乃至、合弁事業を推進...

党が前面に出るのはまずい...

公明党の代わりの「受け皿」?
        ↓
http://www.komei.or.jp/news/daily/2006/0707_10.html

この売国政党を、政治の場から引きずり落とそうと思ったら
          ↓
人気blogランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
こういうのは、
公明党だけでなく
他の野党や自民党にも
行なわれているだろう。
イプサム
2006/07/08 22:40
おそらくそうでしょう。中国は抜け目がありませんからね。

でも日本もいつまでカルトと連立政治をするのでしょう。拉致問題すらも他国に嘆願しているように、カルト問題もフランス政府などに嘆願しないといけないのでしょうか?
ノック
2006/07/09 22:03
ノック様へ
小選挙区制度において
このような小政党が
キャスティングボードを
持つとは、思いもしません
でしたね。したたかです。
たたいて、たたいて
さらに小政党にしなければ
なりませんね。
イプサム
2006/07/09 23:15
公明は次期総裁を誰を推すのかということを含めて、アジアの外交問題では、全く明言をしていませんね。
腹心は中国絡みの総裁を推したいのでしょうが、まだ誰になるかわからない現段階では、新総裁の自民党と与党としてうまく世渡りをすることが優先で、まだ様子見なのでしょう。

先日のNHKのニュース再アップしました。
http://www.uploda.net/cgi/uploader1
/index.php?dlpas_id=0000134516.wmv
ダウンロードパスはsouka
です。
同じものです。
ノック
2006/07/09 23:58
ノック様へ
平和を語り、その裏で
中国韓国へ擦り寄って
商売をしたいのは
ミエミエです。

ご苦労様です、確認しました。
イプサム
2006/07/10 01:44

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
中国と公明党の関係 イプサム/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる